介護系の求人を探しているならジョブパワーズで

<p>今の仕事内容には不満はないけど職場環境が合わない、子育てが落ちついたのでそろそろ仕事を再開しようかなという場合、有名な求人サイトで探してみたけど持っている資格を活かせるような仕事が見つからない場合があります。<br />
<br />
そのような時、どうやって探せば良いのでしょう。<br />
<br />
実は、資格・職種を絞った求人サイトが増えてきています。<br />
<br />
ジョブパワーズという求人サイトは医療や介護などといった求人情報のみが掲載されています。<br />
<br />
同じ地域で比較すると、無資格者求人より有資格者求人のほうが時給が高いので、資格保有者は資格手当なども重視しましょう。<br />
<br />
長年介護のお仕事をしている友人と話をした時の事です。<br />
<br />
話を聞いていると「仕事がきついのに給料がかなり少ない」と愚痴っていました。<br />
<br />
きっと、同じように感じている人もたくさんいるでしょうね。<br />
<br />
その場のノリで求人・転職サイトを見ていると最近のトレンドなのか、1つの職種・業種に絞った求人サイトが増えているようです。<br />
<br />
その中の1つに、医療介護に特化したジョブパワーズという求人サイトがありました。<br />
<br />
ジョブパワーズは、申込者と担当者が直接やりとりできることがメリットになっています。<br />
<br />
事前に担当者とやりとりができるのは応募者側としては安心して面接を受けることができるのでいいですね。<br />
<br />
意外というのもおかしいですが、介護業界内では特別養護老人ホームなどの24時間利用者がいる施設での夜勤のみ募集という求人が人気なようです。<br />
<br />
その理由としては基本給の他に夜勤手当が多くつくので夜勤で月の3分の1くらい働いてあとは自由に生活するなど自分の趣味の時間に充てやすいからです。<br />
<br />
思っている以上に介護業界は働き方に自由があるようで前述のように夜勤専従として働く方や日中しか働けないという方は、デイサービス、デイケアで勤務するという働き方もあります。<br />
<br />
転職活動中の方は人材派遣会社を利用するのもいいかもしれません。<br />
<br />
登録すると派遣会社のエージェントから自分の希望している条件の企業が紹介され、面接時にどんな質問が多いかや就業中のサポートをしてくれます。<br />
<br />
最初から正社員として入社して、実は求人時の条件と違ったということもあります。<br />
<br />
そこで、「紹介予定派遣」で働いてみるのはどうでしょうか。<br />
<br />
紹介予定派遣とは「正社員などの直接雇用」と「派遣社員」のいいとこ取りをしたような制度で、いわゆる試用期間中を派遣社員として介護業界では特に気にする人が多いと言われる人間関係や、企業側としても勤務態度などをお互いチェックできます。<br />
<br />
派遣社員扱いなので派遣期間時の就業や正社員登用時の勤務日などの条件交渉を派遣会社が間に入ってフォローする制度です。<br />
<br />
世間的なイメージとして介護業界の仕事と聞くと仕事がきつくて時間に融通が利かない、夜勤がある、長時間に及ぶ労働というあまり良くないイメージがあるとおもいます。<br />
<br />
そのイメージを持っているからか、できれば夜勤はやりたくないなぁ、昼間だけ働くのは出来ないのかなぁと思っている方も多いのではないでしょうか。<br />
<br />
結論を言うと日勤だけの働き方もできます。<br />
<br />
求人情報をネットで調べてみると日中だけオープンしている施設で働けば、何か特別なことが起きない限り基本的に夜勤はありません。<br />
<br />
また、夜間も介護が必要となる老人ホーム・介護施設でも日勤だけという働き方も十分可能です。<br />
<br />
介護の求人を探しているときにひっかかる単語がありました。<br />
<br />
それは「老人ホーム」と「ケアハウス」です。<br />
<br />
この2つの施設は同じ施設のイメージを持たれる方も多いかと思いますが、ネット検索してみたところ「ケアハウス」とは軽費老人ホームのことであり、市町村の助成を受けることで比較的安価な料金で入居することができる福祉施設のことで、「老人ホーム」は民間運営で自治体の助成を受けていない施設のことのようです。<br />
<br />
2つのサービスの違いには、「老人ホーム」には入浴介助や健康管理なども行なわれますが、一方の「ケアハウス」では食事や洗濯といった要介護度が低い方が対象となっています。<br />
<br />
将来の親の介護を見据えて仕事として介護を覚えようと考える40代、50代の方が増えています。<br />
<br />
普通の求人サイトだと40代、50代の求人はなかなか見つけられませんが介護の世界では、40代、50代でもOKなことは珍しくありません。<br />
<br />
新卒で入ってきた人と年齢を重ねてから介護を始めた人とで利点が異なるからです。<br />
<br />
例えば、利用者の多くは高齢者となるため、孫ほど若い人に対して頼み事・お願いをするのに躊躇してしまうことがあります。<br />
<br />
それに対し、ある程度年齢を重ねている方に頼む場合、親子のような感覚で素直にお願いしやすいということがあるようです。<br />
<br />
現代日本は、少子高齢化社会と言われ老人ホームなどの施設が増加しそれに伴い介護業界の求人件数も増えています。<br />
<br />
でも、自分で色々なサイトで条件に合った仕事を探すのは大変です。<br />
<br />
そんな方は派遣会社を検討してみてはどうでしょうか。<br />
<br />
登録していいところとしては、エージェントが求職者の希望に合った勤務先を探し、実際に勤務先の見学に同行してくれ、面接対策や条件交渉も行なってくれます。<br />
<br />
見学した紹介先に納得し、就業することになった後も勤務先での人間関係トラブルや聞いていた条件と違った場合などの相談にも乗ってくれます。<br />
<br />
中には、施設側から正社員として登用されることも多いようです。<br />
<br />
契約社員として働いている方に質問です。<br />
<br />
将来の計画はどのようにお考えですか?ゆくゆくは正規雇用になりたいという人が多いでしょう。<br />
<br />
だからといって、実際にはどうしたら正社員になれるのでしょうか。<br />
<br />
一つの方法として現在非正規で雇用されている職場から社員登用を目指す、もしくは、正規雇用して採用してくれる会社へ転職するかのどちらかだと思います。<br />
<br />
色々な職種を包括している転職サイトの利用もおすすめですが今の仕事の経験を活かしたいとお考えであれば医療系の求人が豊富なジョブパワーズのように一部の職種のみを限定して掲載している求人サイトを利用してみてはいかがでしょうか。<br />
<br />
サイトによっては採用担当者と直接やりとりができるといったメリットがあったり、就職が決まると祝い金がもらえるサイトもありますよ。<br />
<br />
アルバイトを探す時、何か資格を保有している方はぜひ、その資格を有効活用しましょう。<br />
<br />
資格が必要なバイトの時給はスーパーのバイトなどよりも高く設定されていますし、就職するときにバイトの経験が良いように働くかもしれません。<br />
<br />
例えば医療に特化した求人サイトジョブパワーズの場合、介護福祉士や正・準看護士の資格を持っている方の求人件数は結構多いので気になるという方は地元で募集されていないかチェックしてみてはいかがでしょうか。<br />
<br />
このような専門的な資格が必要な職種に絞った求人サイトが増加していますのでうまく利用しましょう。<br />
<br />
痴呆性疾患を患う親や配偶者を介護されている人の中には、「徘徊などの症状が出てきたので、目を離すのが怖い」と感じている人も多いのではないでしょうか。<br />
<br />
そのような方におすすめなのがグループホームです。<br />
<br />
グループホームとは認知症高齢者を対象にしたごく少数で共同生活を行う施設の事です。<br />
<br />
地域密着型のサービスゆえ入居する条件として施設と同じ地域内に住民票と住居がないと入れません。<br />
<br />
日本では要介護者が増えているという現状があり、施設で働く職員の求人が増えています。<br />
<br />
思い切って脱サラしてみたけど失敗してしまった。<br />
<br />
そんなどん底な気持ちの時に介護の仕事に出会う40代、50代の方もいるそうです。<br />
<br />
業界未経験だけど大丈夫?求人しているの?と思ってしまいますが、介護の世界ではスタートに年齢は関係ありません。<br />
<br />
また、40代、50代とある程度キャリアを積んだ方の中途入社の場合、年齢が近いので利用者も気楽に感じるのかすぐに仲良くなることもあるそうです。<br />
<br />
他にも、別の業種、世界でやってきた知識、経験から職場内で今まで当然と思ってきたことが変化していくこともあります。<br />
<br />
そのため、介護の世界では59歳までとほぼ年齢制限を設定していない企業が多いようです。<br />
<br />
お仕事をする上で重視するのが賃金ですよね。<br />
<br />
よく、賃金を上げたいなら「資格を取ろう」と言われます。<br />
<br />
企業経営者・人事担当者向けのポータルサイトが調べた結果によると資格取得支援を実施している会社は約75%、そのうちの約30%は支援期間を設けたり、受験回数に制限を設定するなど「制限付き援助の企業」となっています。<br />
<br />
他に給金を増やす方法としては、転職がありますね。<br />
<br />
例えば、介護は「常に人手が不足している」といった話を聞いたことはないですか?逆に労働者側としては人手不足=求人件数が多い、採用されやすいということです。<br />
<br />
介護業界では積極的に資格取得の援助を行なっている企業も多いですし資格取得後にはお給料が増える制度を設けている企業も多いです。<br />
<br />
少子高齢化が進行している現在、重要とされている仕事があります。<br />
<br />
例えば、介護の仕事です。<br />
<br />
今、重要ということはたくさんの求人があるのではないかと少し調べてみたら思っていた以上に正社員としての求人が見つかりました。<br />
<br />
働く上で気になる福利厚生も業界全体として理解があるようで出産・育児休暇制度を設けている企業が多く休暇後に職場復帰もしやすそうです。<br />
<br />
資格取得へのスキルアップやそれに伴う資格手当も設定されているのでキャリアアップしたいという向上心を持っている方にも嬉しいですね。<br />
<br />
条件のいい会社は人気なので早めにご応募を!この前、介護士をしている友人と話をしました。<br />
<br />
話を聞いて初めて知ったのですが実は介護の仕事は実は、想像している以上に転職やステップアップをしやすい業界のようです。<br />
<br />
話によると、介護の職場では女性が多いので女性でも性別が出世や人事評価の障害にならなく会社側でキャリア形成につながる資格取得の費用を負担してくれるなどサポートをしてくれる会社が多いそうです。<br />
<br />
また、人手不足という話を聞いたことがあると思います。<br />
<br />
人手が足りていないということは常に求人がされていてかつ採用もされやすく資格を持っていればUターン、Iターンしても職探しに困りません。<br />
<br />

</p>