カードローンは病気治療費にも役立つ!

ガン保険という保険があります。
ある程度年を取ると次第に高額になります。
ガン治療は最近技術革新で体に負担をかけずにガン退治が可能になっていますが、先端治療は高額です。
この先端治療に備えるガン保険が売り出されていますが、先端治療とはいえその必要額はせいぜい300万から400万円です。
言い方を変えればこれだけの貯金があればガン保険は不要だといえますが、消費者金融のカードローンと自分の貯金でこの金額を賄うことができれば、いざというときに役に立ちます。
カードローンは使途を特定しない融資だから利率が高いのは当然ですが、起きるかどうかわからないガンという病気のために保険料を支払い続けるより消費者金融のカードローンの方が有効だと考えることもできるのです。